介護ケアサービス管理システム(収益力の大幅UP)

介護ケアサービス管理システム(収益力の大幅UP)

収益力の大幅UPについて説明いたします。

あなたの施設では、

・先月の正しい売上
・来月、再来月の売り上げ見込み

が把握できますか。

当アプリを利用すると、ボタン一つでエクセル形式で出力されます。

そして、「煩雑な雑務から解放!」により、以下の効果も表れてきます

・スタッフが利用者に向き合う時間がふえて、利用者が望むサービスが把握できるようになる
・スタッフ同士のコミュニケーションが増えより良いサービス提供ができるようになる
・スタッフのモチベーションがあがる
・特定のスタッフでなくともサービスできる範囲が広がる

これらのことにより、売上は上がっていきます。
そして、さらに、スタッフを交えた会議を開けるようになります。

ここで、「まるっとケアじゅうぶんのいち」の真骨頂である「個別試算表」が有効に機能します。

この表は何年も様々な展示会を回っていますが、他社のアプリでは今まで見たことがない集計表です。

ここでは、残念ながら、詳細はお見せすることはできませんが、その「個別試算表」の紹介をしたいと思います。

この「個別試算表」では、以下のことがはっきりわかるのです。
①サービス提供の当初の予定と実績との比較
②利用者個人の限度額と実際の提供しているサービスとの差分
③訪問、居宅、通所などの種類ごとの売上比率
④未来の売上予定この売上予定ですが、非常に現実的な目標数字です。

その「個別試算表」を以下のように活用していきます。

現場のスタッフとの会議などで意見を聞いて、

①サービス提供計画当初の予定と実績との比較
なぜ、予定通りにサービスが提供できなかったのか?

②利用者個人の介護保険の限度額と実際の提供しているサービスとの差分
利用者が希望しているサービスを今のサービス提供票を考慮し、ケアマネージャと相談し介護保険適用のサービスを追加することも可能になります。

③訪問、居宅、通所などの種類ごとの売上比率
それぞれの売上、売上比率とスタッフの意見をもとに施設の資源の投入割合を検討することで、より資源が有効に活用できるようになります。

④未来の売上予定
①、②、③を踏まえて改めてサービス提供予定を検討することで、現実的な目標売り上げをシミュレーションすることができるようになります。

いかがでしたでしょうか。
実際に「まるっとケアじゅうぶんのいち」を使われている施設では、収益力が確実に上がりました。
また、「煩雑な雑務から解放!」により、スタッフの補充も最適化され費用も抑えることができました。

以下のページも是非ご覧ください。
介護ケアサービス管理システム(概要)
介護ケアサービス管理システム(煩雑な雑務からの解放)
・介護ケアサービス管理システム(収益力の大幅UP)
介護ケアサービス管理システム(指導監査への完全対応)